PaulineとMathilde

Pauline-ポーリーヌ- Mathilde-マチルド- kurunTOKYO
kurunTOKYOのバレエシューズはトゥのデザインで大きく2種類に分かれます。
ひとつはラウンドトゥのPauline-ポーリーヌ-
もうひとつはポインテッドトゥのMathilde-マチルド-
フランスの女性の名前が付いています。
 
PaulineMathildeの2種類を合わせて、素材違い、色違いで圧巻の全80種類。
絶妙なカラーの揃っているエナメルは当店オリジナルの別注色です。
素材は、スムース、エナメル、シャイニーな箔革、レオパードのプリント革、パイソンプリント革、グリッター。
 
Mathilde-マチルド- kurun TOKYO
ベーシックなカラーで沢山履きたいのか、思い切ったカラーで着こなしのアクセントにしたいのか、
はたまた結婚式のゲストや、ドレスコードのあるパーティに履いていく、、、などなど、どれにしようかと選ぶワクワク感がたまりませんよね。
 
プレーンなラウンドトゥのPaulineはどの様な足の方でもきれいに履きこなせる様に、くりのカッティングにこだわりました。
くりが浅すぎるとおしゃれな感じだけれど、甲の厚い足には合わないし、反対に深いともったりと見えてしまう。
何十回と試作し、厚みのある足の人も、薄い足の人も美しく履いていただける絶妙なカッティングになりました。
シャープでモードなイメージのMathildeも、外反母趾や、幅が広い足の方でも、ストレスなく履いていただるポインテッドトゥに仕上がりました。
ポインテッドトゥはどうしても足の型によって、指の付け根が痛くなってしまったり、指が曲がる感じがして痛く感じたりするのですが、幅が広い足でも、すっと履けて痛くならないんです。
足の幅が広く、年齢を重ねて足裏のアーチが崩れて、ポインテッドを履くのはもう無理だと諦めていた当店のスタッフも、やっと快適に履けるポインテッドトゥが出来上がったと喜んでいました!
全てのお客様に対応できるよう、サイズは20~26cmまでの13サイズございます。
 
どちらのデザインにするのか、どのカラーに決めるのか、、、。
まずはじっくり選んでみてくださいね!